HAPPY NEW YEAR

CITYにカウントダウンに行ってきました。
ゆっくりめに家を出たら、トラムに人がいっぱいで乗れなくて、電車でやっとFlinders Street Stationについたら、人がいっぱいいた。で、駅から出ると”人がいっぱい”とかいう状態じゃなかった。人しか目に入らなかった。
CITY全体が太宰府天満宮みたい!訳が分からないまま、流されながら、Princes Bridgeまでたどり着いたところでどうにか流されないようにしながら、カウントダウンをすることにした。アートセンターのタワーにあるカウントダウンの時計をみんなで見つめ、10秒前、みんなでカウントダウンをはじめ、時計が00になった瞬間、大きな花火がYarra Riverのあちこちから打ち上げられた。それと同時に、みんなの歓声と”HAPPY NEW YEAR”と言う声があがった。
すごい混雑の中、酔ってる人も結構いたにもかかわらず、けんかをする人は見かけなかった。みんな会う人会う人に、”HAPPY NEW YEAR”といいあっていた。それからは、街のあちこちで、音楽が鳴り響き、お年寄りから若い人まで、いっしょに踊ってた。
たくさんの人が、2000年、Milleniumをテーマにした帽子や髪飾りをしていた。こっちは、何かあると不思議な髪飾り(とてもおしゃれとは言えない...)を売り出して、またみんな買っていく。
2時間後、大きなスクリーンで日本のどこかの神社が映されていた。
それを見ていると、同じ様に人でいっぱいで、混雑しているんだけど、”HAPPY NEW YEAR”と”明けましておめでとうございます”の違いをなんとなく感じた。クリスマスとNEW YEARのとらえ方がまったく逆な感じ。私はどっちも好きだなっておもった。
今年もいい年でありますように。


コメントは受け付けていません。