ホスピタリティー

ホスピタリティーの仕事は体力勝負で、そのうえ、いろんなタイプのお客さんを相手にしていて、とても疲れることの多い仕事です。どんなに疲れていても、一度働き出したら笑顔でサービスが基本。

ただ、それでもホスピタリティーの仕事が良いと思うのは、お客さん。頑張っていればちゃんとそのサービスを喜んでくれるというのはとても気持ちのいいものです。
今日、長期滞在していたお客さんが、明日で帰られるというので話し掛けにこられました。だんなさんが赤ワイン、奥さんが白ワインをいつも頼まれる素敵なカップルです。私がそこで研修を受けたときからおられて、忙しいときも、そうでない時もいつも二人で来られていました。そして、私がそう記憶していたように、二人も私のことを見ていてくれて、素敵なサービスだったとおっしゃてくれました。
きつくても、ホスピタリティーをしているとじかにお客さんと触れ、良くも悪くもお客さんのフィードバックがすぐに返ってきます。悪いときは落ち込むこともあるけど、勉強です。それを忘れずに次はちゃんとやろうと思います。よければ、本当にホスピタリティーの仕事をしていてよかったとおもいます。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。