先生に会いに行く。

まだ風邪はひどくなる一方。明日の手術もできるかどうか怪しくなってきた。

とりあえず、明日の話を聞きに病院まで。

今回は旦那もついてきてくれた。「産婦人科みたい・・」とぼそり。(産婦人科だってばヽ(‘ー`)ノ)
日本ではあまりないけど、こっちではパートナーが病院に一緒に行くことも珍しくない。とくに、手術となれば、二人でしっかりと聞いておく方がいいだろうし、安心なので。

鼻をぐしゅぐしゅ言わせながら、婦人科専門医の私の担当医、リー先生に会う。

風邪は咳がそれほどでないので大丈夫だろうとのこと。で、手術の手順等の説明を聞いて、実際の手術の執刀医(リー先生は手術のアシスタント医)キム先生にも会っていろいろ聞く。そして、明日の手術のために下剤を処方される。

下剤初経験だったんだけど、この液体の薬がまずいまずい。

もう、まずさのためによろけながらのみほした。うえ??。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。