遠出1-hahndorf

昨日の天気予報によると、雨、曇り、雷などなどがいろいろとやってくる予定。

でも延期なんかできないから出発!!

いつもは旦那がドライバーだけど今日は友達の彼が運転手さん。まずは、ちっちゃなドイツ人の町、hahndorfへ。

アデレードから1時間もしないで到着。タスマニアで言うロスのような感じで田舎の一本道にお店が並んでる。

hahndorf innという歴史のあるレストランで朝食を。

朝からいいっちゃか?。。。という豪華さ。でも、美味しいんでみんなほとんど食べてしまった。おそるべしドイツソーセージ。

そして、朝っぱらから、これこそいいちゃか?、といいたくなるくらいおっさん達がビールを飲んでた。さすがドイツ人。と思った。

雨に降られながらもいろんな店に行ってみた。建物とかがかわいらしかった。

ソーセージがあまりにも美味しかったので、会社のみんなにお土産を買ってみた。サラミとかいがいにもソーセージとか買いたかったけど、持ってかえれんやろうし、あきらめた。

ギャラリーもあって行ってみた。風景画等のほかに、プチ移民博物館のようになっていた。

今は観光地化していて私たちのようなよそものが毎日やってくるんだろうけど、彼らがこの地にやってきた時は決死の覚悟だったんだろうなぁ、と思うと切なくなったが、こうして陽気に明るく朝っぱらからビールを飲んでる彼らを見ると、私も今ここにいてこうしていられるのは私の意思なんかだけじゃなくってやっぱり昔とつながってるんだろうな-と思った。

(その昔、プロシアからのルター派の信者が迫害のため、この地に難民として渡ってきた。)
思ったよりゆっくりしすぎてしまったが、次の目的地に行かねば!!!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。