買い物

シティに行く電車を待ってると、電車が来ないらしい。変わりに運行してるバスを待ってやっと来たけど、シティ行きはさぁ?と言ってしまった。ムカッ、としながらさらにシティから遠くへ行く方のバスへのってそこから電車でシティに行く事になったんだけど、連絡してるはずの電車もさぁ?と私たちを置いていってしまい、みんなキレ。
車がないとこうも不便。腹立つはおなかすくはでイライラする。

やっとシティについてご飯をさっと済ましてジーパンを買いに。もうずっと買っていなかったので、ふたりのジーパンは寿命を過ぎても酷使されているものと、瀕死なのとを交互にきている感じ。また1本かってもどうせ寿命を過ぎたのが本当に死んで、瀕死なのが寿命を過ぎて、新しいのが瀕死になるから思い切って2本づつ買った。
それにしても、私はパンツを買うのが嫌いだ。高校卒業するまで運動着以外パンツをはいた事がなかったので、大学に入ってから始まったこの苦悩。(はかんとけばいいっちゃけど)試着するたびに、自分の醜く短か太い足を目の当たりにしなくちゃいけんし、しかも、着てみても、お尻が大きく見えるものなのか、もとから大きいお尻はどうにもならんというものなのかわからんくなる。そして、最後は「はぁ、きれいな足が欲しい」とため息。なんで服を買うのにこんなにまでおとしめられないといけなんだ。せつない。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。