アボリジニアート

仕事が終わってから昨日オープンしたての味千らーめんにいつものメンバーで行って来た。
待望のラーメン!もう仕事が終わる前からワクワク、お店についてラーメンが運ばれるまでも興奮さめやらぬ。と言う感じで、どんぶりものなんか頼んでる人を見ると「え?、あの人どんぶり物!?」とか言ったりして。味はまずまず。麺がちょっと太いのがいやだけど、メルボルンで豚骨ラーメンが食べられるってのがいいよねぇ。自分で作るより楽だし。

ラーメンの後は旦那とアボリジニアート展覧会のオープニングにhigh stへ。アボリジニアートのコーディネーターをしているMさんがいつもこういう展覧会があると誘ってくれるので素敵なアーティスト達と絵に出会える。(それにしても、絵買いたいな・・・)展覧会には私の大好きなナープラもいたのでうれしかった。会うたんびに忘れらてるんだけどね・・・

絵はいくつかお気に入りがあって、その中の一つを描いたアーティストといろいろ話をした。おっきなキャンバスいっぱいにとっても小さなドットの絵なんだけど、どのくらいかかるんだろう、と思ったら3日らしい。うちの車よりも高いんだけど、いつか金持ちになったらあなたの絵を買うね!と約束した。

旦那は用事で抜けたので、オープニングが終わって、Mさんちにアーティストのナープラとリネットと一緒におじゃま。話には聞いていたけど、夜遅くにもかかわらずMさんに「肉を焼け!」といっていたのには驚いた。無いと言ってもちゃんとあるのを知っているのがすごい。胃もたれ知らずらしい。うらやましい。
Mさんとも久しぶりだったのでちょっと話し込んだりしたけど、写真撮影会とかして4人でゲラゲラと楽しかった。一番の収穫?はおっぱいをみせてもらって、さらにその音を聞いたこと!アボリジニの女性のおっぱいはブラをつけないからなのか、すっごく長い。コントみたいに肩に「よっこらしょ」とかってかけれるみたいだから、飛び跳ねるとお腹に当たってピチャピチャッて音がする?。私の砂山のような、一応くぼんではいないけど、おとなしいおっぱいとは別物だ。

二人は次に会った時にはもうそろそろ私のことを覚えてくれるかしら・・・


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。