永康街

きれいな景色とおいしいお茶を堪能した後は、電車で永康街へ。

ここの目当ては・・・

DH000081_s.jpg

『鼎泰豊』の小龍包!!
前回台湾に来た時に、小龍包ってこんなにおいしいのかぁ、と驚いたお店です。
旦那も私がしつこく「小龍包ってね、すっごくおいしいとよ?」っていうのをきかされていたので、やっとのごたいめ?んです。
そして、やはりはまってしまった。おいしいおいしい。
難をいうならば、ここは小龍包だけでいいかも。他のやつも味がおんなし。

『鼎泰豊』の後に、『高記』でも小龍包を食べたけど、やはり『鼎泰豊』の方がいい。『高記』は焼肉まんみたいな上海生煎包子がおいしかった。

食べ歩いた後は、街をうろうろ。かわいいお店とかけっこうあった。
小さなお店の人はニコニコと話し掛けてくれて、知ってる限りの日本について語ってくれるし。台湾って人があたたかい。

ショッピングで一番の収穫は、旦那のマフラー。台湾原住民のやつらしいんだけど、ナチュラルな紫と茶色で、これをくるくる巻いたらかわいい。

あとは、『回留』というオーガニックのカフェはセンスがよくて気に入った。残念ながら満腹すぎてお茶さえ飲めなかったけど、要チェック。次回は必ずここへ! お茶や茶器もたくさんおいてある。

買い物した後に、ちょっとガイドブックで気になってた雰囲気のいい茶藝館を探して歩いた。
行ってみると、お店はしてるようだったけど、なんか写真と違う。
でも、せっかく探したんだし、行くしかない!!と思って中へ。
お茶と茶器がたくさんあるけど、テーブルは一つ。。。違うのか。。と思ったけど、入ってしまったから見ていこうかな。と、物色してるとおじさんが聞香杯(お茶のにおいを聞くもの)を持ってきた。ん??、とってもあまくていいかおり。というと、そのお茶を持ってきてくれた。
旦那と二人、「ここってやっぱり茶藝館?でも、勝手に持ってきたよ。でもでも、私がいい香りっていったから?」と、頭に???がたくさん。

おいしいから、買って、最後に値段を聞けば飲んだ分も入れてくれるんじゃない?

ってことになって、お茶の値段を見てビックリ!! とてもお茶の値段とは思えない。けど、おいしいんだろうなぁ。と誘惑にまけそうになったけど、となりにはおいしいなぁ、どれにしようかな。って思った後で値段を見て目が覚めた旦那が・・

結局、飲んだ分だけ払います。といったら、おじさんが、「お茶好きですか?」と。
「はい。おいしかったです。」というと、
「じゃあ、また今度飲みにきてください。」ってすごい笑顔で。

お茶が好きな人が好きらしい。勝手に、「ちゃ?さん」と命名。
素敵な笑顔の人にであったな。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。