炊飯器

先日、日本のお店から炊飯器が届いた。

こっちにも無いわけではないけど、やっぱり違うらしい。

今までのものは、私が一人暮らしを始めてから10年以上もずっと使っているもので、オーストラリアに来た時に、「さすがに炊飯器はないかも。」と思って洋服などと一緒に宅急便で送ったもの。あまりにも長く使っていたのでランプがつかなくなってしまった。それに3合炊きで人が大勢来た時にはちょっと追いつかない。これは、そろそろお別れの時が来たと思って(使えるので捨てはしないけど。)、前回日本に帰った時に新しい5合炊きのものを買って送ってもらうようにしていた。

炊飯器が届いてすぐに小躍りでスイッチを入れたところ、バチッと一瞬にしてだめになってしまった。

オーストラリアは日本と電圧が違うので変圧器が必要なんだけど、変圧器も2種類あって使い分ける必要がある。こんなことは、5年以上も住んでいるので知ってたんだけど、電子機器用の重い変圧器を買おうとしたら、お店の人が「この熱器具用でも使えますよ。使えませんって書いてあるけど、これは保証が無いという事で海外だからそうかいてあるんですよー。」と断言するので、あやしみながらも、(お店の人がこんなにはっきりうそは言わないでしょう)と思い、さらに電子機器のあまりの重さにビビッていたのでお店の人を信じる事にした。

もちろん、海外では炊飯器も保証がされないことになっているけれど、お店の人に勧められて買ったんだから!と、国際電話でクレームをした。最初、対応があまりよくなくて、プリプリしてたんだけど、ちょっとだけ偉い人が出てきてその人の対応はとてもきちんとしていて、すぐに新しい炊飯器と電子機器用の変圧器を送ってくれた。

というわけで、やっと新しい炊飯器のご飯が食べれるようになった。うちのかわいい炊飯器は、炊けるときらきら星でお知らせしてくれる♪


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。