うに

プラーン・マーケットでうに(16匹?)が4ドルで売っていた。お店の人ももてあましてる感じがすっごく伝わってくる感じだった。

大変そうだからちょっと迷ったけど、新鮮だっていうから買ってみることに。

キッチンバサミでバチバチと周りを切ってなかのオレンジの部分をスプーンですくいとる。作業が終わる頃にはキッチンが磯の香り。さらにあちこちにうにの破片が。捨てようにもごみ袋が破れるから紙に包んで袋を何重にもしてすぐにごみ捨て場へ。
結構大変な作業だった。

ドキドキの味の方は、すっごく甘くっておいしかった。

うにたっぷりの豪華うに丼がメルボルンで食べれるとは。(しかも安すぎる!)


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。