断食

ワールドビジョン オーストラリアのfund raising & educationのプログラムで40 Hour Famine というのがあって、それに参加することにした。

アフリカでは1日1食食べられればいいという環境で、毎日同じ物しか食べれないので体が弱く、それでも家族の為に働かないといけない小さな子供達がたくさんいる。さらに、たったのA$40(約3000円)でアフリカの子供6人に1ヶ月分の食事を与える事ができるとのこと。

アフリカの貧困、というとやっぱり無くすことは難しいんじゃないか、と考えてしまうけど、先進国のほとんどの人は$40なんてちょっと外食とか気が付いたら使っているお金だと思うからなくそうと思えばやっぱり無くせるのかな。と思ったりする。

これに参加しようと思ったのは、もともと我が家がドネーションをしているsave the childrenからのニュースレターでmakepovertyhistory(whiteband day)の活動を知って、white band を買って、ライブ8でもライブリストに登録したり、写真で参加したんだけど、G8での結果は無駄ではないけれどもっとできるはずなのに、という気がしていたところにこのワールドビジョンのキャンペーンをみてやってみようと思いたった。食べ物に対して執着があるほうだと思うからちょっと心配だけど。

これは募金活動をすると同時に、食べ物が食べれないってどんな感じなのかちょっとだけ体験できる。もちろん、本当の飢餓に苦しんでいる人たちとは比べようもなく贅沢な事なんだけどそれでも少しはおなかすくってどんなだろうってことは分かると思って。。

昨日の夜ご飯が終わってから、明日の夕方までの絶食。

朝起きてすぐにいつものようにお腹がすいて、絶食開始した事を思い出して早速切なくなる。テレビを見れば、CMやら料理番組やら何かと食べ物が登場するし、お昼になれば旦那が気を使っていると言いながらもにおいをぷ?んとさせてラーメン食べるし。気が付いたら空気を食べていた。

夕方過ぎたらなんだかあまりそういうのが気にならなくなってはきたけど、やっぱり明日の夕方何を食べようか。と気が付いたら考えている。

さぁ、明日どうなるか。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。