sustainable living festival

もろてん。のぽんずさんのブログを見て、すっかり忘れていたのを思い出して、急いで準備していってきました、“sustainable living festival”

“sustainable”は、「持続可能な」という意味で、下から支えるという意味のラテン語からきていている。今あるものを無くさないように生きていくこと。要するに、自分の子供や孫から盗まない。ってことかな。

今ある自然は今を生きている私達のものだけじゃなく、きちんと次の世代に渡そう、その為には、何をどうすればいいか、というのを楽しく(festivalだしね♪)学ぼう!ってことだと思う。
festivalはエコが中心だったけど、自然だけじゃなくて、経済や社会もきちんとして無いとどれも実現しない、結構難しい問題だ。だって、貧しいところでおなかをすかせてる人に、オーガニックをすすめられないよね。
多分、今こういうことが盛んに言われる様になったのは、「今のままじゃヤバイ」って気づいた人がたくさんいるからで、難しくても無理じゃないって事だ!

着いてすぐ、sandra dubsさんの「Choosing Wholefoods Wisely」という講話を聞いた。

「何を食べればいいか。」考えたら、贅沢だ。地球のほとんどの人が、食べるものに困っておなかをすかしているというのに、食べ過ぎたり、選び方を誤ってそのせいで病気になったり。

sandraさんは、和食のクッキングクラスを開いてるらしくって、馴染み深いものがどんどんとでてくる。味噌、梅干、ワカメ、のり、玄米・・・
日本からオーストラリアに来て、和食を勧められるとは。日本に帰ると安いのに・・・

でも、どういうものをたくさんとって、どういうものを少なめにとるといいのか、酸性、アルカリ性食品について等など勉強になりました。
いろんな種類を適度にとることが基本。酸性が強いと体は弱るけれど、酸性の中には、穀物、ナッツ、豆類もあってとらないのもよくない。
食は、奥が深い。

あと、ストレスについて、ほほぅ?。と思った事がある。
激しい運動や心理的なストレスは、体内のエネルギーを消費して、物を燃やしてる状態になる。燃えたらススが出るように、酸性のカスが体にたまる。これを出すのが、排泄や呼吸。呼吸!ヨガやリラクゼーションは、気持ちを落ち着かせる為にいいのかと思ったら、深呼吸は、体のススを吐き出すから、気持ち的なことだけじゃなかったんやん。

講話が終わってお店を見てまわった。すごい人。
P2192095_s.jpg

かわいい服がたくさんあるsouthgateにあるecowearを発見。すごく欲しいワンピースがぁ??。頑張ってあきらめた。

そして、洗剤がいらない、そして、だから、すすぎもいらない「洗濯ボール」も。これは、買い。って思ったけど、もう売り切れてた。注文しよう。
日本にも同じようなのがたくさんあるみたい。
↓これっ。



後は、流木や落ち木などをつかったアートとか面白いものがたくさん。

おなかがすいたので、カレーとそば粉のパンケーキを食べた。カレーは、まあまあだったけどそば粉のパンケーキがおいしかった。
うちにそば粉あるけど、配合がわからんし、安かったので粉をかったら、かわいいエコバッグも貰っちゃた♪

写真は、自転車をこいでジュースを作ってるお店。はぁはぁいってた。
簡単に電気使ってるけど、どんだけのエネルギー消費してるんだろうって思った。
P2192086_s.jpg

色々と為になるフェスティバルでした。

これは、festivalとは関係ないけど、sustainability関連で分かりやすいサイトなので。イタリアのだけど、エイゴです。
sustainable everyday scenarios of urban life

↓ムービーが見れます。映画のパロディで、面白いんだけど、おそろしい事実。
オーガニックを選ぼうってやっぱり思います。
the meatrix
the store wars


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。