歩いた!でも・・・

朝起きると熱がおさまっていた。

フィジオセラピストが来て、今日は歩け、という。昨日座るのがやっとだったのに、大丈夫かなぁ、と思いながらも、頑張って早く退院したいからフラフラしながら立ち上がった。点滴やいろんな管を持ってもらって、支えてもらいながら、ゆ??っくりとふるえながら歩いた。
歩くのがこんなに大変だったなんて・・・

歩いたら今度は椅子に座ったままシャワー。気持ちがよかった。

お昼にお友達がとてもいい香りのする花を持ってきてくれて、病室が明るくなった。
友達の子供はいつも一緒に遊んでるのに、管ばっかりの私を警戒して近づこうとしなかった。やっぱりいつもと違うからなぁ。
旦那とお友達でランチに出かけるのを見送って、私は水と氷でランチ。早く私も参加できるようになりたいな。

夕方には、やる気満々でまた歩いた。旦那に点滴を持ってもらって、支えてもらいながらフラフラと。
疲れたぁ。こんなんで疲れることにビックリ。

夜は別のお友達からお見舞いの電話。うれしかった。
話していると、なんだか尿管が漏れている??
ナースを呼んでみてもらったけど、漏れていないと。

次に旦那と電話で話していると、また漏れてる? また見てもらったけど、やっぱり漏れていない。

今度は日本の親と話していると、ゼッタイ漏れてる感じがして、またまたナースコールしてみてもらった。
今度は、”don’t be panic. it happens”と言われた・・・・
パニックって言うか、ほら、やっぱり漏れてたやん、って思ってたんだけど。

尿管は、膀胱の手術もしたので、膀胱を休めるために尿をためないためのもので、おしっこをしている感覚なく、どんどんと管からおしっこが流れていくので、それが漏れるといつもおもらししてるみたいになる。。。
冷たいし、切ないし・・・時々パッドを変えてもらっては、ため息。どうにかならんかね。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。