緊急手術

朝、ジュースだけ飲んでぐったり。
お腹をこわした感じも無いけど、下痢気味。しかも、腹腔のチューブからも同じようなものが。。不安。

いつもの先生も心配して診に来てくれた後に、ホリデーに行っちゃった主治医のmr chen代わりのmr steelがCTスキャンをするようにということで、車椅子で移動。車椅子に座っているのも苦しいし、貧血でフラフラ。
スキャンの結果、緊急手術が決定。っていうか、昨日のうちに先生よんでくれればよかったのに。昨日のナース嫌い。

おそらく腸に穴が開いて、お腹の中にもれているようだ、ということらしい。
前の手術は成功だったものの、治るかていでうまくいかない場合がごく稀にあるという説明を手術前に聞いていたけど、聞いてた私も話をした先生だってまさか私にこの合併症が起こるとは思っていなかった。

なってしまったものは仕方が無い。幸い発見が早かったので、すぐに手術をすれば、大事には至らないということ。手術自体も前回の大手術と比べれば、簡単なものであるけれど、ストーマ(人工肛門)を数ヶ月つけなければいけないこと、ストーマで大腸を休ませた後に再度ストーマを元に戻す手術をする事などを告げられた。そして、手術をしなければ、感染して命に関わるということなので、選択の余地は無い。

この緊急の事態で、旦那は麻酔室まで、ギリギリまでついていてくれたし、他の先生達、執刀医のmr steelから、麻酔医の先生、ナースの人たち、みんなが励ましてくれた。1週間入院していたので、毎日お世話をしてくれた人たちがみんな本当に暖かくしてくれた事がうれしかった。不安や辛さもそうとうなものだったけど、それだからいっそううれしかった。

手術は、緊急だったので前と違って手術室に入っても意識があった。
そして、いろんな説明を受けて、麻酔後、吐かないように首をしめるけど大丈夫だから。といわれて、首が苦しいと思っていたら、手術が終わってICUにいた。

術後に痛みがなかった前と比べて、すごくお腹が痛くて、もう子供のように大騒ぎ。
大人なんだからとか、我慢、根性なんて知りません。と言う感じに、イタイイタイと言い、ナースが来るとpain painとそこはちゃんと英語で。
それにしても、もう、単語しか出らんくて・・・
大人になる術は、忘れてたくせに、「痛みを1から10でいうと、どのレベル?(これは毎日聞かれる質問)」と聞かれると、
(100と答えたいとこだけど、それだとふざけてると思われるかもしれないので、すごい痛いと知らせる為に11がいいだろう)と、
判断して、「11!11!」と。。。おはずかしい。

それでも、痛みがひかないし、誰も助けてくれないから(今となっては、薬が効くのを待つしかなかったし、そう言われてたんだろうけど、少なくともその時、そう思った。)、駆けつけた旦那を見た時には、なぜかすくわれる。と思って、
「痛い。助けて。」と訴えた。それでも、当たり前だけどダメだった。かわりに手を握ってくれるようにお願いして、ずっと手を握ってもらってた。

少しずつモルヒネが効いてきて、痛みが和らいできたけど、それでも根性なしなので、ナースが来て様子を聞かれるたびに、「11」っていうと、
「いや、さっきよりずっとおとなしい。」と見透かされてた。

本当に大変で、辛くって、痛くって、って経験なのに、なんておかしな事してたんだろう、私って。
ってか、そういう事態だから、おかしいのかね。

夜中に背中が痛くて眠れなかった。管やら色々ついてて体を動かす事ができないガリバー状態なのも辛かった。
そしたら、ナースがホットタオルで体中を拭いてくれた。これが気持ちがよくてほっとした。
ICUって素敵。行きたいとこではないけど、病棟じゃありえない”ゆきとどいたサービス感”。

よく分からないうちに寝た。術後の説明もこんなんだから明日してもらうことに。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。