手術の成功とお見舞いにきてくれたMさんとRのこと

P7072796_s.jpg

しっかりと眠る事はできないけど、うとうとしてるうちに夜が明けた。
痛みは昨日のうちにモルヒネでコントロールできるくらいになっていたので、ずいぶん楽。でも、だるい。

ストーマの専門のナースで私がお世話になっていたアンドレアが来たので、ちょっと話をした。
とっても大変な3ヶ月だったし、最初はきもちわるくてみるのも怖かったストーマだったけど、不思議に今では寂しい気もするんだ。って。
でも、大変なことの方が多かったと言うか、大変な事ばっかだったので、ぜったいに戻ってきて欲しいとは思わないけど。
多分、これはストーマ経験者じゃないとわからないんだろうな、って思うと、いい経験させてもらった。

mr chenも来て、昨日の手術の説明をしてくれた。手術は成功。あとは、食べれるようになったら、たくさん食べて、体力をつけて、傷口をいやさねば。

午後からは、前の入院の時から私の一番のお気に入りのナース、イェン。注射やドレッシングもうまくて、話も合うので、本当はずっとイェンに担当して欲しいくらいだ。

手術の時の点滴がひじの内側にしてあって、立ったりする時に気がついたら腕をまげちゃうので痛い、と言ったら、「けだまの血管は難しいからなぁ。とりあえず出てくるか探してみよう」って、腕を普通よりもギュ?ってしばってもらって、私も換えてもらいたいもんだから、必死にグーパーグーパーを繰り返してようやく血管出現!
腕のまっすぐのとこに換えてもらった。これだけでどんなに楽になるか。
助かった~。

昼過ぎにMさんが、ゴージャスな花束を持ってきてくれた。いい香り~。
そして、Rも。
MさんとR,二人は初対面だったけど、おしゃべり好きが共通項なので、Mさんの専門分野、アボリジニについて高度なトークが繰り広げられた・・・
それにしても、Rは私より年下なのに、どんな生活しよったん?と思うくらい、たいていの事に知識がある。「すごい」を通り越して、不思議なんだよなー。

午後には飲み物OKの指示もあって、大喜び。しかも、ミルクもOK!(前回は、ミルクはクリアな飲み物の次のステップだった)早速、自分ちから持ってきたアールグレーを飲んだ。しあわせ?。

飲み物を飲み出したら、お腹がコロコロコロといいだした。

術後すぐなのに、結構元気な一日だった。先生、ナース、友達、そして旦那。みんなビックリしてた。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。