まだまだ大変。

お腹が痛くてすぐに起きれない上に、点滴のせいでトイレが近い。
ナースに手伝ってもらうにも回数が多くて間に合わないから、何とか一人で点滴を電源からはずしてトイレに行ってたんだけど、やっぱり間に合わなくって、夜中にシーツを変えてもらう。
なさけなくって、はずかしくって、すっごい泣いた。痛いのも、眠れんのも、トイレまにあわんやったのも全部つらっくって。
大体、こういう時に限って担当ナースはかわいい男の子なんだよな・・・

「こんなのたいした事ないし、シーツ変えて着替えればもとどうり。大変なんだから、こんなことはあたりまえだよ。」
ってすごくやさしくしてもらったけど、それがなんだか、さらに情けない気分に。。

しかも、「もう、怖いからベッドには入らん。またすぐに、ずっと、トイレに行きたくなるんやん」って、駄々までこねて・・・・最悪。
更に優しく「またぬれたら、また変えればいい事だから、ちゃんとベッドに入って。」って、言ってパッドを持ってきてくれた。

今考えると、トイレまにあわんのは、ナースのいう通り、仕方のないことで、なさけないのは大騒ぎして、ベッドに入らない私。
なんだけど、その時はもう、子供やったね?。入院すると、子供になるみたい。いろんな事ができんくなるし。ナースまで、みんなママみたいになるし。

朝、モルヒネ注射してもらって、うつらうつら。

だるくて、きついけど、早くよくなりたいんで頑張って歩いた。フィジオセラピストと1回、旦那と1回。

旦那が私の大好きなロールケーキを食べた。食べていいよ、っていったけど、あまりにもおいしそうだったので、見る目が殺気立ってしまった。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。