戦争映画と非常食について

昼間は具合が悪かったけど、夜になって良くなってきたので、”letters from iwo jima (「硫黄島からの手紙」)” をみにいった。
なんか、ちゃんと日本映画なのにびっくりした。全部日本語なのに、どうやって監督したんだろう。とか気になった。

残念ながら、”flags of our fathers”は終わってて観れんのが残念。
だいたい、”letters …”を観た人が、”flags…”を観たくなるって思って、同時に放映してくれてないと、困ります!

獅童は、最近見た↓にも出てて、同じ戦争ものなんでちょっと混乱。。。
この人、どっちでも”自分なりの大和魂のようなものを持った人”って感じの役だったし。

映画が終わって、家に帰ったらこばらがすいた。

先週は、車を修理に出してて、具合も良くなかったから、マーケットに行かなかった。
mさんたちが来てくれたおかげで、近くのカフェでごはんしたついでに、スーパーで最低限のものを買っていたんだけど、土曜日の今日、また具合が悪くて、マーケットに行けず。。
うちに野菜がなくなってしまってたので、こんなのを作ってみた。
ローピンの貧乏版。ゴマだけはたっぷりあるから、ゴマをたくさんすって、生地にいれて、焦がししょうゆで食べたら、結構おいしかった。また作ろ。
p3035202_s.jpg


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。