薬漬けについて

アゴニスト治療(synarel)3クール目。
先生から新しい処方箋が届いた。

add-back療法開始!

synarelで、女性ホルモンを抑えて、生理を止めて、子宮内膜症の進行を抑える。
女性ホルモンが抑えられたせいで、更年期障害のような副作用がでる。
女性ホルモンは押さえ気味で、内膜症の進行をおさえたまま、少しだけ副作用対策にpremarin(卵胞ホルモン薬、天然エストロゲン)で女性ホルモンを補う。
これが、add-back療法。

なんか、こんなことしていいっちゃか、って感じに、ホルモン操作してます。
オーガニックとは程遠い、ケミカルけだま。

premarin2クール分。$18.50
びびってたけど、synarelと比べるとプチプライス。medicareは、出したんだけど、割り引かれたのかな・・・聞くのわすれた。


3 comments

  1. 山本 チカコ

    お薬で生理をとめたりすることってやっぱり抵抗ありますよね。私も以前ピルを飲んでとめたことがあるんですけど(内膜症を治すために)、いいのかなぁ…と思いながら飲んだ記憶があります。

  2. 山本 チカコ

    早くお薬から解放されるように祈ってます!!

  3. けだま

    ☆チカちゃん

    私の女性ホルモンは、薬に翻弄されまくりで大変だなぁ、ってちょっと客観的に見てしまいます。
    薬漬けはいやだけど、自然療法を信じ切るだけの信念もないので、どうにか付き合っていこうって思ってます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。