病院とメルボルン市内観光と村について

病院に行ってきた。久しぶりに婦人科のkym先生。私の大好きな先生です。
手術をすることになったので、そのお話で。

前は、腸の方の外科医のchen先生がメインになってする手術だったけど、今回はとにかく卵巣脳腫。
術後のIVFを考えて手術のできる腕のいい先生がすでにチームを作ってるということだったので、その先生のチームに手術をお願いするのが一番いいと勧められて、kym先生もちゃんとフォローしてくれるという事だったので、お願いする事になった。
最後に、聞きたいことは?不安なこととかある?とか聞かれたけど、前の手術のコンプリケーションのおかげで、聞き訳がいい患者(何を不安に思っても、大変な事になる時はなるし、それでも死なんやったらそのうち大変な事も過去になるし。。って。)なので、何もうかばんやった。いいのか悪いのかはよくわからん。


病院の後は、久しぶりにシティを歩いた。


途中で、Rと合流して、さらに歩いた。
金箔をはったパイプのアート。

在豪約9年の二人、観光客の目でシティを見てみることにした。
st paul’s でコーラスを聴いたり、レーンウェイ、アーケードを中心に歩いたりと、なかなか通な観光客?

へとへとになった頃に、仕事が終わった旦那と合流して、へ。いっつもいっつも同じメニュー。。。


4 comments

  1. takako

    「村」の餃子食べたい・・・
    手前の「deep fried chicken with soy sauce」(だっけ)も死ぬほど食べたい・・・

    手術するんだね。
    全てが順調にいきますように!

  2. Allie

    うわー、どのお写真も私の好きなメルが詰まってます!
    すごく恋しくなってしまった??。いい感じデス!!

    うんうん、ちょっと通な観光客ですな。笑

  3. けだま

    ++takakoさん++

    takakoさんも村人でしたよねぇ。
    メニューはそんな感じだけどちょっと違う気も。でも、あれは定番に欲しくなりますよね。

    そうです。またまた手術です。これで、5回目ですよ?。

  4. けだま

    ++Allieさん++

    恋しくなりました~!?作戦成功です♪w
    Allieさんとこでいっつもシドニーにあこがれますからね。。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。