病院と車窓と帰り道と夕日について


ふたごちゃん。
  
病院にいくのでちょっとゆっくり家を出て、電車でシティへ。




  

メルボルンの車窓から。

右のたばこすってる人、路線沿いに何人もいて、かわいい。他の路線にもいるのかな?
  

  

さて、今日は、手術前の最後のコンサルテーション。
  

大変な手術だけど、誰かがやらないといけないからねぇ。
  
  
と先生プレッシャー感じてる?
  
  
一番オプティミスティックなプランだと、ラパロで1泊入院、2週間の休養。
  
無難なプランだと、開腹で1週間入院、、1ヶ月の休養。
  
どっちでもいいから成功するといいなぁ。
  
手術前の下剤を買って、急に緊張。とりあえず、手術の前にこの死ぬほどまずいレモンジンジャーを飲まないといけない。。。
想像しただけで、前回の記憶がよみがえって、おえぇってなる。(涙
傷の痛みとかはどうしようもないけど、この下剤、自分の意思で飲まないといけないのがつらいよなぁ。
そういった意味では、手術よりも難関だったりします。
  
  
病院の後は、仕事。
  
帰りにトラムの行列。

  
靴を脱いで??

  
なんだか疲れた一日だったので、ひさしぶりにスタバに行ってみた。
メルボルンで続々とお店閉めちゃったけど、ここはいきのこり。

  
疲れたはずだけど、夕日がきれいで元気になった。


2 comments

  1. SOHちゃん

    こんばんわ。
    オーストラリアではレモンジンジャーなんだね、日本ではポカリの薄い味が定番だよ。

    私としては定番を選んでもらいたいなぁ・・・と思うのだけど
    ストレスにもなるかもしれないものね。きっとシロに会いたい病になっちゃうよ。だってラブリーすぎ♪

  2. けだま

    *SOHちゃん*

    えぇ。。。ポカりの薄い味がいいな?。
    そういえば、マイミクのJunyさんは、レモンジンジャーじゃなかったみたい。でも、私はどの先生でもレモンジンジャー。

    ストレスになるかもしれないどころか、手術より恐怖。
    おぇ??。

SOHちゃん へ返信する コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。