うっしーについて

p2190037_s
うっしー。
牛みたいながらだから、そう名づけたけど、友達の中には、”まろ”と勝手にいう人もいた。

p1124891_s
かわいいハートマークのある、でも、結構凶暴な猫さんでした。
  
  
中2の時に学校の帰り道で出会って、ワンコみたいにずっとついて来て気がついたらうちにいついていた。
最初の夜は、気になって気になって一晩中寝れずに抱っこしてたのを今でも覚えてる。
それから高校を卒業して一人暮らしをするまでは、いっつも一緒に寝てた。
気がついたらうっしーもおばあちゃんになって、私といるより両親と過ごした時間の方がずっと長くなって、そして、13日に息を引き取ったと連絡があった。

乳がんで長く生きられないと言われていたらしい。
遠くすぎて帰って来れないから、かわいそうだ。と、家族はその事を私には伝えなかった。

涙がぼろぼろと出て止まらなかった。

でも、遠すぎて実感が沸かないのも事実。

だって、先週も今日も何も変わらないような感じだから。 
生きるっていうのは、そして死ぬっていうのは、そんなものなのかもしれないな。って思う。
うっしーに出会えて、私を選んでくれて、一緒に住んでいる時の私のうれしいや悲しいをずっと見ててくれた。感謝の気持ちでいっぱいです。
もう会えないのは寂しいけど、その時与えられたことは私の中で生きてる。
生がはかなくて、死は絶対的なものに見えるけど、実は、そうでもないのかも、と、思ったりします。

うっしーの世話をして、大切にしてくれて、最後にみとってくれた家族にも感謝です。


4 comments

  1. takako

    キレイな猫ちゃんだね。
    皆に愛されて、幸せ者だったんだね。

  2. allie

    よく聞くうっしー。結局本人(本猫?)に
    会えなかったけど、こんな猫ちゃんだったんだー。
    うっしーもけだまちゃんとの思い出をいっぱい胸に
    天国にいったんだね。今頃おじいさん先生に
    かわいがってもらってるよ。

    うっしーとすごした時間や記憶がけだまちゃんの
    中に生きてるってことは、それが私の中にも色んな
    形で流れてくるってことだねぇ。うっしー、ありがとう。

  3. けだま

    =takakoさん=

    幸せものだと思っててくれればうれしいんですが。
    少なくとも、私はしあわせでした。

  4. けだま

    =allieちゃん=

    なんかこの間、死なない方法とかの話をしてすぐやったけん、気持ちの整理がつきやすかったかも。うっしーの力かな?
    うっしー、おじいさんの肩にのってるかなぁ。おばあさんのきじを食べちゃわないかなぁ。