ホバート2日目後半について


battery point。

前回来た時に、とっても気に入ったとこ。旅行が決まってからも、楽しみだった♪

花が咲き乱れてました。

そして、ランチは、jackman & mcross bakeryで。

朝が遅かったので、二人でシェア。ここのsignature dishのgoat cheese tart。

おなかすいてなかったけど、ぺろりといけた。キャラメライズされたタマネギがたっぷり。おいしかった。ペイストリーもさっくりでおいしかった。
おいしかったので、明日もいくことに決定!

おなかいっぱいになったら、またかわいい景色を見ながら、

きれいなお花を眺めながら、

テクテクと歩いて、買った荷物を置きにホテルへいったん戻る。

普段の倍ぐらい既に動いて疲れてたけど、ホテルの部屋は狭いし、どうせなら、と、また街へ。

オプショップがメルボルンより全然安いので、昨日に引き続きオプショップ巡り。
歩き疲れて、ヘトヘトで、足も痛かったけど、お店に入ったら、とりあえず、全部見て回らないと!!って元気に。
で、また、歩くとヘトヘト。。
でも、右側の丘が気になる。。。まっすぐいけば、なだらかな道。右の岡を登れば。。。何が見えるんだろう。
もう、へろへろなのに、好奇心が勝って丘を登っていったら、いい景色。

おまけに、そっちの道にあった大っきなアンティークショップに行けて、ラッキー♪
足が痛いよ、っていいながらも、広い店内をくまなく見て回った。我がことながら、このがんばりを何かにいかせないか。。

ショッピングで、ルンルンしながら、市街地へもどる。

そして、ちょっと早い時間しか予約の取れなかったんだったけど、いっぱい歩いてちょうどいい腹ぺこ具合でレストランへ。

まずは、オーナーが挨拶をしにきてくれて(旦那さんがシェフ)、席に通される。
担当のウェイターが挨拶。
そして、担当ではないんだけど、といって、またウェイトレスが来て、今度は、お店のコンセプト(タスマニアのフレッシュなものをできるだけ使って料理をしてる)と、メニューの説明。
こう書くとキリリとしたポッシュなお店っぽいんだけど、なんだか、田舎のB&Bに来た様な雰囲気。


 
 
 
 

全体的にどれもおいしかったけど、ちょっとメインのお肉があまり好みの味付けじゃなかった。。
一つはお魚にすればよかった。
まんぷくまんぷく。

タスマニアの夜は、メルボルンより更に明るくて、レストランを出てもまだ明るかった。
こんなに明るい夏は、ワクワクしそうだけど、かなり疲れたのと、天気がよくてもやっぱり夜は寒くなるので、急いでホテルへ戻った。

*****
行ったとこメモ

jackman & mcross bakery (57-59 hampden road, battery point):goat cheese tartがsignature dish。パンもクロワッサンもなんでもおいしい。

vinnies(212 argyle street hobart ):結構広くて、服から家具まで揃う。食器は少なめ。 近くにlifelineもある。(休みで入れなかったけど、大きいらしい。)

antiques warehouse:とにかく広くて色々ある。値段も安めの設定なものが多い。

monty’s on montpelier:タスマニアのローカルの食材を使った料理が食べられる。contemporary tasmanian, modern australian。サービスが素敵。


2 comments

  1. skkiiiii

    めーーーっちゃ行動しまくったねぇ!
    感心したわ♪
    わたしにゃこんなに動くのは無理じゃ・・・。
    でもこのタスマニア記を読んで、ぜひ行きたいと思った?
    来年の誕生日あたりをねらってみるわ。ひひひ。

    • けだま

      *skkiiiiiちゃん

      ねー。貧乏性やけん、逃したらいけん!っち思って。。
      でも、結局毎日同じとこぐるぐるしてた。 前に行って見晴らしがよかったqueen’s domainとかにも行きたかったっちゃけどね。。
      オプショップ好きのskkiiiiiちゃんにはかなり楽しいかもね!お誕生日、いい時期だし、いいね!!