marysvilleと復興について


山の方は紅葉がきれいになってきました♪


紅葉する木ばっかじゃないので、日本の様にはならないけど、それでもきれい!

marysvilleに久しぶりに行ってきました。
本当はもっとちょくちょく行きたいんだけど、体調とか忙しかったりで、本当に久しぶりだった。
久しぶりだけど、やっぱりblack spur を通ると、テンションが上がる。この森は何なんだろう。落ち着かなくなる感じ。

marysvilleといえば、2009年の2月7日(black saturday)に山火事に飲み込まれてしまった町です。
町の中心部にあるgallipoli parkも今月の始めにオープンしました。


ローカルアーティスト(といっても、もとはアメリカ人なんだけど、流れ着いてここにいる人です)のbrunoさんの作品。


彼の作品らしく、とても優しい顔をしている女の子の像(なにげにクロックスはいてます。)。


park をあるいてると、かわいいおばあちゃんがこれくれました。 ”thank you for supporting marysville. god bless you this easter”と書いてあります。
行く事で貢献できれば、と思っていたので、そう思って来ている人が多くて、それをローカルの人達も知っているんだなぁ。と、温かい気持ちになりました。


真っ黒焦げだった町も山も、きれいに色づいていました。


どんぐりもいっぱい。

山の方にも行ってみました。

山には、灰になった木も残っていましたが、青々としていました。


前回行った時に見た不思議な光景。
焼かれた木の幹から木を覆うかの様に無数に枝が映えている木が今もたくさん。


やっぱり、自然の再生は早い。


そして、stevenson fallsへ。

大好きな景色♪

そして、マイナスイオンわんさか浴びる。っていうか、水しぶきあびてました。

falls の後は、また町に戻って、bruno’s sculpture gardensへ。

昔の入り口より、こっちのが好き♪

山火事でほとんどの作品が燃えたり、壊れたりしたのって、辛かっただろうなぁ、って思うけど、それを一つ一つ修復して、また、別の作品にしたりして、brunoさんの頑張りがすごくいい気を与えてる気がする、素敵なガーデンになっていました。町も彼に続いてくれるといいな。

帰りにwombat cottageのjenniferに会いに。

久しぶりだったけど、元気そうでよかった。次はもっと早めに会いにいこう。

marysvilleは、2年経った今でも、まだまだ復興が始まったばかりという感じ。自然の再生の早さには全然及ばない。
いまだに、トラウマに苦しんでる人もいて、それでばらばらになっちゃう家族がいたりするのも事実。
そして、まだ、戻ってくるか決めかねてる人や、戻ってこないと決めた人もいて、売りにでている土地や、手つかずの土地もたくさん。
すこしオープンしたお店も、まだまだ、昔のチャーミングな町には程遠い。
はっきりいって、町の為に町のカフェへ、って思っても、普段自分が行きたいと思う様なそんな感じのカフェはなくて、お店もしかり。
でも、みんなが行く事で少しずつ復興も進んで、前よりも素敵な場所になって欲しいという思いがあるので、また来ようと思う。
日本がまだまだ余震や原発で大変な時期だから、そんな時に、大好きな町の復興の様子を見ることができてよかった。

gomarysville.com

we will rebuild


2 comments

  1. きりん

    けだまちゃん、おっす?
    あれからみかちゃんとは会ってなくって久しぶりに明日旅行に一緒に
    行くよ。

    けだまちゃんのメールも読んでたけど、なんて書いていいか
    頭の中整理つかんくって(>_<)
    会って話したいくらいやった(@_@;)

    ま、とりあえず明日からの連休楽しむね♪

    • けだま

      *きりんちゃん

      メールしたけん!
      旅行いいなぁー。旅行記楽しみにしとくね!
      私もいきたいなぁ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。