心拍確認の日について

すごい一日やった。。

6週目。朝は、心拍確認のためにkateのところへ。
ずっと不安で長い1週間だったので、やっと、なんだけど、怖くて逃げ出したい気持もあった。
不安になりながらスキャンをしてもらう。
卵嚢が見えて。。。 中は空洞。何もなかった。
そして、流産になる可能性の話を受けた。
力が抜けて、涙さえでなかった。
放心状態の私の代わりに旦那に支払いとかしてもらって、とりあえず、来週のスキャンの予約、今日の午後にスキャンのスペシャリストのところに行くように、と言われて家に帰った。

あー、ダメだったか。でも、9回もIVFしてダメで、初めて妊娠することができたなんていいニュースでもあるし、ここまでがんばったよ。と、思ってみるんだけど、やっぱり、なんか、まだ妊娠しているような気がして、現実を受け入れられない自分なのかな。。とか思ってしまう。
大丈夫、全部うまくいく!っていうような根拠のないポジティブさが自分にはなく、悲観的ではないけど、現実を見つめるタイプだと思っていたのに。
なので、ショックだったのに、泣き崩れることもなく、ただ悲しい気持ちと疲れと、つわりで帰ってからは寝ていた。

午後にスペシャリストのところへ。
1日に2度も地面にたたきつけられるような思いをするのかな、と思っていたけど、さっきと同じように胎嚢が見えて。。。今度は中に何かが!さっきは何もなかったはずなのに。そして、その何かが、小さくだけどピコピコと波打っていた。 先生が、”your baby is alive and normal!”と言ってくれた時には、涙がボロボロと流れてとまらなかった。

まだまだ先は長いし、安定期までも遠い。こんなんばかりでは気持が持たないので、こういうサプライズはなしにしてもらいたいけど、私の子供なので早速サプライズか!って笑ってしまった。

これでクリスマスも笑って過ごせる。本当に今までで一番のプレゼントをちょっと早めに貰った。
奇跡のようなこの小さい命がグングン育ってくれますように。


コメントは受け付けていません。