癒しについて

手術をした日、いつも旦那にべったりのしろが私についててくれた。
薄暗くしたベッドルームでゴロゴロと癒された。

友だちと一緒にお寿司を食べました。
オーストラリアでは、妊婦さんはお寿司禁止です。なので、食べるなと言われると食べたくなる〜!と言っていましたが、やっぱり、こんなに食べる欲が強い私ですが、食べれないのが幸せってこともあるんだなぁ、と。 
美味しいお寿司をたくさん食べながら、そんなに嬉しくなかったのを覚えています。

やっぱり食べるの大好きが知れ渡っているので、また別の日に元気がでるようにと、ご飯に誘ってもらいました。
お腹いっぱい。とっても美味しかった。また、ここにはすぐ行く計画!かにの会やりますよ!



そして、つわり中、narre warrenのクリスピークリーム食べたい!!と言っていたけど、さすがに遠いので却下されていたのを、最後のつわりだね、といって買いに行きました。そして、T家でみんなでもぐもぐ。

嬉しいことも、悲しい事も、やっぱり、みんなと美味しい物を食べて救われます。

ブログを見て、電話くれたり、メールくれたり、コメントくれたり、コメントしづらい内容なのに、本当にうれしかったです。ありがとうございます。 こういう時って、人の暖かさに本当に癒されますね。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。