リフレクソロジーとベトナミーズと怖かった出来事について

cに誘われて、一緒にリフレクソロジーに行ってきた。
台湾で経験した悶絶リフレクソロジーとは違って、とっても気持がよくって、ふわふわしちゃった。
でも、数カ所ヒィ!ってなったとこもあったな。
リラックスして、カフェでおしゃべりも楽しい♪
cとは、双子?って思うくらい、時々考えてることとか、自分たちの問題とかが一緒で、話してると癒される。

夜は、9年ぶりに来豪のsさんとみんなでベトナミーズ。懐かしい人々も。
でも、みんな結構近所でびっくり。楽しかったー。

ーーーーーーー
ちょっとここから、気持ち悪い話かもしれないので、血とか無理な人はスルーしたほうがいいかも。

楽しい一日やった。。って思ったら、帰りに急にすごい腹痛。
マックスの生理痛に近い感じの本当に汗だらだらの腹痛で、色々心配になりつつ、必死にこらえてると、なんか大きな塊が出てきました。
で、その瞬間に痛みは消えて。。。

時系列で話すとかなり怖いので最初に言っときますが、その塊は手術で取り残ってしまった組織の塊でした。
手探りの手術なのでこういうこともあるみたいで、残ってしまうと再手術もあるらしい。

で、何が怖いかというと、出てきた時に赤ちゃんの形に見えてしまったのです。
私の流産が分かったのは10週ですが、成長は7週頭くらい、ちょうど心音確認2回目のすぐ後で止まったぽいので、まだ小さくて1センチにもならないはずなのに、もしかして、本当は生きて育ってたのに手術をしてしまったの!?
と、パニックになりました。もう、泣き叫んで、なにがなんだかわからないけど、赤ちゃんを私が殺してしまった、とずっとブツブツ行っていたと思います。

その、組織を持って救急へ行って、すぐに調べてもらった結果、赤ちゃんではないと分かったのですが、今まであまり起こりえないことが起きてしまったことが何度かある為、まさかそんな。という状況が本当に怖かった。
今冷静に考えると、10週としても全然大きかったんだけど、本当に、頭とからだとへその緒の感じまで似てる感じでした。
旦那にその話を後ですると、旦那が見た時は、そんな感じではなかったみたい。血がたくさん混じっている組織なので少し動かしただけで見た目がぜんぜん変わるんです。
旦那は、赤ちゃんではないと言えるほど知識はなかったけど、赤ちゃんじゃないとしても、これは何だ?体からこんなのが出るなんて大変なことになったのでは?と、私の体が心配だったそうですが、私は全くそんなことは頭になくて、もう、ありえんくらいのパニックでした。

本当に怖かったけど、どうしてたまたまがあんな形になったんだろうと、どっと疲れてしまってる間に救急で次の日を迎えました。
そんな感じに、旧正月と結婚11年目を迎えました。厄落としということで、いいだろうか。。

それにしても、組織の塊を、気持ち悪いって言って袋に入れてくれなかったら(パニックで私は無理な状態)、無理だからってトイレに流してたりしたら、もうずっと許せなかっただろうなぁ、と思うと、今考えたらあんな気持ちの悪い塊をちゃんと袋に入れて病院に持って行ってくれてよかったぁ。知らないうちに人生の罠がしかけられてて、試されてるんだなぁ、と大げさだけど思いました。

後で、リフレクソロジーの時に痛かったとこを確認したら、子宮だった。
デトックスで出してくれたのかな。そしたら、リフレクソロジー、すごい!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。