大地の夜明け


3日目の朝。
真っ暗なうちから起きてハイウェイへ。
夜は星が綺麗なのに感動していて全然怖くなかったけど、ファーストライト前の闇がものすごく怖くて、車の外に出るのに躊躇した。
車の光がないと全く何も見えない。

少しすると、流れ星が見えて、風が吹いてきて、遠くの地平線がうっすらと浮かび上がってきた。
風の音が遠くではハウリングして、ホーホーという音になり、近くでは木々がザワザワとしていた。
この音、空気、色、香り、全てがとても神聖で、大地で暮らしているアボリジニの人たちが精霊がいるといっていることが、全く不思議ではないことのような気がした。

とっても怖かった夜明け前だけど、明るくなると、本当に心から幸せな気持ちで満ち足りた。
充電満タンで今日も寝不足なのに元気!


4 comments

  1. sunshinegirl

    おかえりなさーい。素敵な写真いっぱいですね~。
    同じオーストラリアなのに、なんていうか少しアフリカを思わせるような全然違う景色。
    私がエアーズロックに行ったときは、観光地巡りだったので、大平原を車で行くような冒険やアボリジニの人達との交流などはなかったので、こういう旅もいいですねー。楽しそう~。

    • けだま

      *sunshinegirlさん

      そうそう、行ったこともないのにアフリカっぽかった!象いそう!とかいってた。
      ウルルも今度行きたいな、って思ったけど、またアリスに行くなら居住区に行きたい!
      でも、人と触れ合うと、気持が残ってしまいますよねー。良いのか悪いのか。

    • けだま

      *COCOさん

      え?保存するんですか?笑
      本物は本当にため息ものでしたよ。神々しかったです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。