カフェと読書


sensory lab


dukes

寒いから、ますますカフェ通い。
通いすぎかなぁ、と思ったりもするけど、好きなので、じゃあ、何かをする時間にしよう!
と、できるだけ読書の時間とか目的のあるカフェタイムすることにしてます。
家だとだらだらしちゃうから、気分転換に。

最近カフェで読み終えたこの本。水木しげるの精霊の楽園オーストラリア(アボリジニ)―妖怪の古里紀行


オーストラリアのアボリジニや精霊とかに興味のある人にはおすすめ!
おもしろい旅行記でもあるけど、アボリジニの歴史にもわかりやすく触れてあり、興味深いです。
それと、10年以上前の本だけど、ウランと日本の関係などにも触れてあって(ライターさんのご家族が原発事故で被害にあっているからというのもあると思います。)、なんだか福島のことを言ってるみたいで、心が痛かった。
借りて読んだんだけど、欲しいなって思ってます。

今は、写真の上の本。写真の本、全部アボリジナル関係だけど、まずは、アボリジ二の歌についてを砂漠を旅しながら調べていくという本です。これも、色々新しく知ることがあっておもしろい。
まだ、読み始めたばっかりだけど、付箋がたくさんついてます。

いっぱい本があるから、いっぱいカフェに行かないと!


4 comments

  1. グリーン

    初めまして、よくブログ読ませてもらってます!
    おいしいカフェの情報などセンス良く書いてはって、とても楽しいです。

    精霊の楽園オーストラリアという本がすごく気になって、
    思わずコメント書かせてもらってます。
    わたし妖怪、並びに水木しげるさん好きで、
    そこにオーストラリアとアボリジニーのことが絡んだ本ってすごい魅力的で読んでみたいです!
    借りられたということですが、図書館で借りられたのですか?
    もしそうだったら、図書館の名前を教えてもらえないでしょうか?よろしくお願いします^^

    • けだま

      *グリーンさん

      本はお友達に借りました。気に入ってその後に自分でも買っちゃいました。
      図書館じゃなくで残念ですが、オーストラリアの図書館に是非おいておいてほしいですね!

  2. グリーン

    けだまさん
    なるほど、そうだったのですね!
    素敵な本なようなので、わたしも購入検討しようと思います。
    教えてくださってありがとうございました^^

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。